テーマ:仕事

【仕事】安西弁護士事務所を訪問しました。

 真ん中が安西弁護士です。その右側が私で、左側は徳島県社会保険労務士会の佐野会長です。ひょんなことから東京・銀座の安西法律事務所訪問ツァーの企画が持ち上がりまして、速攻で上京しました。  安西愈[アンザイマサル]弁護士は、経営側の労働弁護士です。  安西弁護士は昭和13年香川県生まれでして、高松には故郷ということもあり、講演…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【読書】雅子さまと「新型うつ」

仕事中はうつ、私生活では活動的―。 という働き盛りの男女に増えている「新型うつ」っていうのがあるそうです。 早い話しが、今までのうつ病のイメージには当てはまらないタイプのうつ病のことです。 明確な定義や学術上の根拠があるわけではありませんが、「うつ病で休職中であるにもかかわらず、海外旅行に出かけたり、自分の趣味の活…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【仕事の話し】個別労働紛争解決研修の応用研修

11月20日~21日、高松市でありました社団法人日本労使関係研究協会(JIRRA)の主催する個別労働紛争解決研修の応用研修に参加してきました。 ↓ これは修了証です。別に判定試験があるのではなくて2日間参加していれば、もらえますが・・・ 1日目は、 労働立法・労働判例の動向の解説で神戸大学准教授の櫻庭涼子氏。 続い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【DVD】十二人の怒れる男

2009年5月から、わが国で裁判員が裁判官とともに審理に参加する裁判員制度による裁判が始まります。 私の仕事関連では、会社の従業員がこの裁判員制度による裁判に参加する場合に、有給なのか無給なのか就業規則等で取り決めしておく必要があります。有給である必要はないのですが、裁判員の職務を行う場合は公の職務に該当するとされているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる・小山 昇【著】

辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!―人に苦労しない強い会社のつくり方 ISBN:9784860632915 (4860632915)あさ出版 (2008-08-23出版)・小山 昇【著】 を読みました。 著者の小山昇[コヤマノボル]氏は、株式会社武蔵野代表取締役社長です。 その株式会社武蔵野は20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門・大内 伸哉【著】

著者の大内伸哉[オオウチシンヤ]教授は、現在神戸大学大学院法学研究科の教授です。 私が1953年生まれ、著者は1963(昭和38)年生まれなので10歳若いですね。東京大学法学部卒ですね。 この本自体は、「サラリーマンのための労働法入門」なので経営者側に立っているものではないですが、キチンと判例に即して説明されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいパソコンは、レノボIBMのA57

事務所職員のパソコンが壊れたので、取引業者に依頼したらすぐに納品出来るのがレノボIBMとのことで、クラッシュ2日目にして納品されました。メールデータも移行されて、デスクトップの状態もそのまま、パソコン立ち上げ時の常駐ソフトの状態もそのまま移行してくれました。 液晶画面はシャープ製がまだ使えそうなので、そのままです。 本当にこうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事務所のDELL製パソコンがダメになりました。

事務所の職員のDELL製パソコンが1台、起動しなくなって、完全にダメになりました。 5年ぐらいは使用したので、元は取ったかと思います。 ただ、購入初期よりフリーズし易くて、度々強制終了させてましたから、調子は良くなかったです。 幸い、ハードディスクは無事だったので、取引先のコンピューター業者に依頼して、メールデータ等は移行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワークライフバランスの内容「知らぬ」9割 

内閣府は24日、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)に関する世論調査の結果を発表しました。 「ワークライフバランス」という言葉について「名前も内容も知らない」との回答が60.1%、「名前は聞いたことがあるが内容までは知らない」が26.6%に上った。 私の仕事柄(社会保険労務士)、ワークライフバランス(WLB)は常識的な概念な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more